2020年新年の挨拶
 イギリスの脱EUはないという予想が外れて残念です。EUの弱体化を喜ぶ勢力が世界をかき回しているのを見ると、混沌とした世界に人権と民主主義、法による解決を突きつけEUの存在は頼もしく、また日本がそのEUと戦略的バートナーシップを締結し、日本もEUと共に世界平和を目指せると喜んでいたのですが、とても落胆しました。イギリスの議会の論争を毎日のようにチェックしてして、労働党ジェレミー・コービン党首に毎日のように失望させられました。トーリー党ジョンソン党首に対案らしい対案を提出できず、有権者の心が離れていくのを歯がゆく感じました。コービン党首は政治的嗅覚を失っているとしか思えませんでした。1月末にはBrexitは実現し、今年末までの離脱交渉の結果いかんに関わらず、EUから離れていきます。イランとの核合意を一方的に放棄し、ロシアを引き込むアメリカの傍若無人ぶりで、アメリカは中近東の人たちの信頼を失いつつあります。世界が揺れ動く状況下ですが、アメリカや中国やロシアにだけ目を向けるのではなく、EUやインドやインドネシア、そしてアフリカなどにも目を向ける必要があります。
 このような意味で、石川EU協会はEUの動きをキャッチし、翻って、日本とアジア、そして世界を見るためにEU研究会を行っています。内外の識者による講演会、会員による研究会などを行っています。
 私たちの活動は,日常的に会の運営を担う事務局のメンバーと、多くの会員によって支えられています。私たちの催し物は参加が無料で、市民に開かれています。参加して下さる市民や学生さんが私たちの活動の支えであります。皆さまの一層のご支援をお願いするとともに、このような会に興味を持たれる方のご入会は大歓迎です。また事務局(全員無料のボランテア)を手伝って頂ける方を歓迎します。今年も刺激的な催し物を企画したいと考えています。皆さまのご参加とご協力をお願いいたします。
                                                             会長 楠根重和


                                                

EU加盟国の新年の挨拶

新しい催し物ほど上に来ます
The newest event comes above.

タイトルは石川EU協会の催し物(共催を含む)ならびに特にEU関係で重要と思われるものです
Events in read are our own events, co-sponsered is also included.
赤タイトルは他の団体や石川EU協会会員やその他のEUに関する催し物等です。
皆様からの情報を事務局にお願いします。
Events in black are those of other organisations


2020年の催し物 (Events 2019)

3月19日(木) 講演会  「ドイツにおける軍と社会の関係の変容:連邦軍の経験から日本が学ぶこと」 予定通り開催します。
講演者 木場 紗綾 (公立小松大学国際文化交流学部准教授)
時間 開場 18時
    講演及び質疑応 18時30分 終了 20時30分
場所  しいのき迎賓館セミナールームA
講演主旨 「過去30年間にドイツ連邦軍が辿ってきた道は、激変する国際環境の中で
        ドイツ政府とドイツ社会が、軍の「海外ミッション」の意義とリスクを理解し、
       
受容するプロセスを示しており、日本社会に大きな示唆を与える。
       
PKO法の施行から28年間、日本政府はこれまで、国連PKO活動や
       
特措法による活動など、さまざまな海外ミッション(国際平和協力活動)に
        自衛隊を派遣し、国際貢献を米国および諸外国にPRしてきた。
       
他方、幸運にもいまだ、海外ミッションでの自衛官の死は発生しておらず、
        PKO5原則による縛りを受けなか、派遣先の任地の「危険性」や
        ミッションの「リスク」について議論することがタブーとなっている。
       ドイツ連邦軍は日本と同様、1992年にNATO域外への兵士の派遣を開始した。
        その後、連邦軍は110名を超える死者を出している。そのたびに、それぞれのミッ
        ションが合憲かどうか、国防省の態勢に不備はなかったのか、 任地が
       「戦闘状態」にあったのか否か、などが議会やメディアの場で問われ、
        政治論争を呼んできた。その中で、政府は徐々に、情報公開、家族支援、
        傷病兵への補償などに着手してきた。議会オンブズマンや連邦軍協会
        (BundeswehrVerband)は国防省に対して適切な対応を求め、
        ドイツ政府およびドイツ社会の連邦軍に対する態度を変容させてきた。」
講演者の木場紗綾先生は軍事社会学を専門にされています。ドイツでも研究をされています。

講演会には会員以外にも一般市民の方にも参加頂けます。申し込みの必要もありません。
今回の講演はテーマ的に石川日独協会の方にも興味を持たれると思いますので、
石川日独協会との共催事業とさせて頂いています。
皆さまの奮ってのご参加をお願いします。
新型コロナウィルス関係
会場は広く互いに十分な距離を取れます。出来るだけマスクを着用して頂けたら幸いです。
手に入れば、入り口にアルコールもご用意いたします。

       石川EU協会会長 楠根重和



政治学と軍事というあまり研究者の方が存在しない分野の発表であった。ドイツの軍隊が戦後の紆余曲折を得て今日にまで至ったことについて説得力のある説明を受けた。
日本はドイツと同じように、戦争の過去を引きずり、普通の国になれないのだが、国際貢献や平和活動に参加する過程で、ドイツのようなコンセンサスを得られず
建前と本音の中を揺れ動いている。国軍からポストモダンな軍隊へ移り変わる時代趨勢の中で、自衛隊のあり方を考えさせてくれる講演であった。
今日講演会に参加された方は、参加されたことに満足されたことであろう(文責 楠根)。

2020年2月2日 石川EU協会新年会
18時より-ホテルスカイで行いました。
大丸事務局員から新しい方も何にも参加して頂き、楽しく歓談いたしました。